阿蘇地域への移住定住PR活動

ターゲットは福岡在住の若年層

1月18日に木の葉モール橋本で開催された、「ASOへ行こうASOに住もうフェア」に参加しました。移住者としての実体験を話し、興味がある人には空き家などの物件の紹介をいたしました。

blog200121-10

 

当日はあいにくの空模様にもかかわらず、多くの方に参加いただきました。移住に関するアンケートにお答えいただいた方への小国産ジャージー牛乳プレゼントは、予想以上の反響で足りなくなるという嬉しい誤算も。阿蘇産のお米掴み取りも180名の方にご参加いただきました。

そして、熊本県の営業部長「くまモン」も登場し、くまモン隊のお姉さんとの絶妙な掛け合いや愛くるしい姿に、皆さん「かわいい」を連発していました。くまモンすごいです。

 
blog200121 (1)
阿蘇産のお米掴み取りは、手の小さいお子さんや女性のほうが多く掴み取っていました。
blog200121 (4)

阿蘇のリアルな情報発信

今回のイベントの主催である「公益財団法人阿蘇地域振興デザインセンター」が2019年に実施した調査によると、

1.福岡県内居住者の9割が阿蘇地域を訪れたことがある

2.阿蘇地域への移住は若年層の関心が高い

3.阿蘇地域で実践したいことは、①広い家に住み、②家庭菜園を行い③自給自足生活をしたい④阿蘇の自然の中で子育てをしたい、

という調査結果が出ています。阿蘇地域を訪れたことがあり、スローライフに興味がある若年層向けに情報発信していくことで、阿蘇への移住を検討している方が増えていきそうですね。

来月は大阪と東京で開催される、移住のイベントに参加します。今後も阿蘇のリアルな暮らしを伝えていき、移住に興味がある方のサポートをしていきます。