トマトのち珈琲

上野ファーム、コーヒー苗を定植する

後藤コーヒーファームから、上野ファームにコーヒー苗を移しました。上野ファームは主にぶどうとお米を生産されていて、今回コーヒーを育てる圃場(ほじょう)では、以前はトマトを作っていました。阿蘇珈琲プロジェクトでは、農家さんがすぐ珈琲栽培を始められるように苗を育てています。今日、軽トラ一杯に苗は上野ファームへ嫁ぎます。来年の秋には上野ファームでも赤い珈琲の実がつくことでしょう!

阿蘇珈琲への熱い想い
珈琲の栽培方法について説明する後藤先生。同じく熱い想いも伝えます。想いが実になるのです
まだ青い珈琲の実
コーヒーの実は、11月頃から徐々に赤く色づきます。
生産プランの説明
上野ファームでは環境の違いによる苗の育ちや実のつけ方などのデータを収集し、阿蘇地域でベストな生産方法の模索を行います。
苗の植え付け作業
上野ファームへ植え付け。土を改良して苗を入れる穴を空け、万全の受け入れ態勢です。
定植完了
植え付け終了!来年には実がなる予定です。無事育ちますように!

👋