私たちのこと

外輪山と風になびく草原、草をはむ牛、こんこんと湧き出る水、源泉かけ流しの温泉、エメラルドグリーンに輝く火口など、どこを切り取っても阿蘇は魅力的です。「阿蘇hi暮らし」は、このような阿蘇の豊かな暮らしの可能性を知ってもらうことを通して、阿蘇の地域と阿蘇の人を全力で応援していきます。

運営メンバー

石垣 圭佑

久保 尭之

菊池 勇太

村上 智一

クリエイティブディレクター

弓削 沙織

ライター(外部スタッフ)

MISSION

阿蘇に根差したマッチングプラットフォームとして、遊休資源へ共有(シェア)を含めた新たな活用方法を提案を通して利用を促進し、地域経済の活性化を図る。

阿蘇で年齢・性別・国籍などの垣根を超えた様々な人が集まる場を提供し、時代に合った新しい価値を生み出すコミュニティをつくる。

阿蘇に住む人。阿蘇で働く人。阿蘇が好きな人。阿蘇に関わる人を「阿蘇人」と呼び、「阿蘇人」が増えることを目指し、その「阿蘇人」を全力で応援する。

合同会社 阿蘇人(アソウト)
設立   2018年6月6日
本社   熊本県阿蘇市内牧222
資本金  1,000,000円

阿蘇地域について

阿蘇地域は熊本県の北部に位置し、九州のおおよそ真ん中部分にあります。阿蘇市、南阿蘇村、小国町、南小国町、高森町、産山村、西原村の7市町村を合わせて阿蘇郡市と呼ばれています。一次産業が盛んで、野菜、酪農、肉牛(あか牛)など独自のブランドがあります。

2016年4月に発生した熊本地震の爪痕は、現在も色濃く残っており、寸断されていた阿蘇への主要アクセスの復旧復興が進んでいます。2020年8月8日にはJR豊肥本線が開通。そして今回、2020年10月3日に国道57号線の2ルートが復旧・開通しました。しかし、未だ人手が不足しています。特に収穫時期など繁忙期をアルバイトに頼っていた農業の人手不足は深刻です。多くの可能性と課題が混在するのがいまの阿蘇地域です。