阿蘇市内牧温泉街で温泉三昧

風呂がなくても快適に暮らすには

阿蘇市内牧温泉街にあるこちらの住まいは、「温泉好き」のためにあるんじゃないかと思ってしまいます。

2LDKの広々とした間取りにはキッチン、トイレはありますが、お風呂がありません。内牧にはこうしたお風呂がない物件がいくつもあります。「町湯」と呼ばれる地元の方が入る温泉がいくつもあり、日常的に温泉に入る習慣が根付いていたためです。

徒歩1分でいける「町湯」大阿蘇。阿蘇温泉ファミリーの長男。しっかりもの。

こちらの住まいから歩いて1分のところには、「大阿蘇」という天然温泉の町湯があります。入浴料は200円!ちょっと熱めの湯温が、身体の芯まで温めてくれます。この他にも徒歩5分圏内には、なんと12もの温泉に入れる施設があります!さすが100年以上の歴史がある温泉街。

宝湯。阿蘇温泉ファミリーの次男的存在。やんちゃ。

●こちらの住まいから徒歩5分圏内にある温泉・料金

町湯「大阿蘇」    徒歩1分 200円

町湯「七福温泉」   徒歩2分 200円

町湯「宝湯」     徒歩3分 400円

町湯「新穂湯」    徒歩5分 200円

町湯「薬師温泉」   徒歩5分 200円

「阿蘇ホテル二番館」 徒歩2分 500円

「五岳ホテル」    徒歩2分 350円

「蘇山郷」      徒歩2分 500円

「金時」       徒歩4分 400円

「大観荘」      徒歩4分 500円

「入船」       徒歩5分 500円

「親和苑」      徒歩5分 500円

七福温泉。阿蘇温泉ファミリーのおじいちゃん。熱いのがお好き。

温泉のあとに立ち寄れる内牧商店街

内牧温泉は100年以上の歴史がある温泉街です。阿蘇カルデラ内の北側に位置しています。古くは夏目漱石や与謝野鉄幹、与謝野晶子など、多くの文豪が訪れています。 偉大な先人たちは温泉に浸かりながら何を想ったのでしょうか。

内牧は「ココ」らへんです。

歩いて5分もかからない場所にある内牧商店街には、飲み屋さんが20軒以上あります。そこでは地元の方や観光客が、毎夜楽しいひと時を過ごしています。馬刺しや、からしレンコンなど熊本の特産品を出すお店から、阿蘇の地元の方御用達の焼き鳥屋さん、50年の歴史があるのではと思うカラオケスナックまでバリエーション豊かで飽きません。まるで町全体が「ダイニング(食堂)」です。

赤提灯が並び、レトロな雰囲気を醸し出す裏通り。

仕事終わりに温泉に入り、心と体のあかを落としてから、近くのお店で一杯ひっかけて、ちょっといい気分になってから歩いて家に帰る。たまりませんね。阿蘇で飲むときは車の代行業者さんを呼ぶことが多いですが、ここに住むと気にしないで飲めるのが素敵なポイントですね。

焼肉屋。昼には定食を楽しめる。

内牧は商業施設も充実していて、車で5分圏内には、スーパーやコンビニ、ドラックストアにディスカウントストア、コインランドリーが並び、日常の買い物や生活するにも便利です。

また、こちらは事務所としても使用することができます。1部屋を寝室にして、1部屋で仕事。街中なので、銀行も郵便局も阿蘇市役所支所も近くにあり、便利です。

阿蘇市について

阿蘇市は熊本県の北東部にある阿蘇地域の中央に位置する、人口約27,000人の街です。阿蘇五岳と世界最大級のカルデラを有し、大観峰からは阿蘇の雄大な景色を、1,000年もの間維持してきた草原ではあか牛や馬が草をはむ姿を見ることが出来ます。

大観峰から。眼下に広がるのが内牧
草原と暮らすあか牛

基幹産業は農業と観光

阿蘇市の基幹産業は農業と観光です。豊富な水とカルデラ内の平坦な土地で育てた米や、ハウスを使ったトマトが栽培されています。観光客も多く、ホテルや旅館などの観光客向けの施設があります。


100年以上の歴史がある内牧温泉で、町全体を我が家のように暮らすことができ、心も体も温かくなるような住まいです。

間取り図は略図の為、現況優先とします
物件概要
所在地 熊本県阿蘇市内牧
交通 JR豊肥線 内牧駅徒歩53分(現在運休)
JR豊肥線 阿蘇駅徒歩72分
物件種別 賃貸アパート
賃料 38,000円
共益費 なし
敷金 3ヶ月
礼金 0ヶ月
専有面積 約60㎡
構造 木造
築年月 1961年
間取り 2LDK
設備

トイレ、キッチン、バルコニー、押入、独立洗面台

駐車場 あり、無料
ペット 不可
契約期間 2年
現況 空室
入居日 即入居可
保険等
情報公開日 2019年5月1日
備考 現況優先
物件番号 80030

立ち寄り湯は200円。宿泊も可能です。

天然温泉で気軽に泊まれる宿 民宿 大阿蘇

👋